NoboruOyamaさんのページ | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


NoboruOyamaさんのマイページ

自己紹介文
高専2年生の時にバックパッカーでヨーロッパを一周し、「行動」と 「自己実現」の重要性を感じる。帰国後は、NPOや地域活動に積極的に取 り組み、地元三重県を盛り上げたいという気持ちが生まれる。高専卒業後 は一度は地元のIT会社に就職するが、都市と地方の「機会格差」をなんと かしたいという想いが強くなり、昨年より地域で起業するという道を選ぶ。好きな言葉は、津市美杉出身のライフネット創業者の出口治明さんが 言っている、「人・本・旅」です。

投稿したアイデア 1

高校生にもっと選択肢を!

NoboruOyamaさん

【概要】 高校生の就職後の離職率の実態調査を行うと同時に、 ミスマッチを防ぐために、キャリア教育及び起業家精神教育を普及させましょう。 【提案に至った現状、課題、背景等】 高卒者の県内就職率は高い。一方で、離職率はどうか。実態調査が必要だ。 高校生の就職先選び... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 2

高校生にもっと選択肢を!

#003
私は、「選択肢が多くなると県外流出が抑えられる」と一言も言っていないです。拡大解釈は、控えて頂ければ幸いです。

逆に、uniuniさんは、「選択肢が増えれば増えるほど県外流出が進むことが懸念されます」と書かれていると思いますが、この理屈がわかりません。

この場は、大学生「等」の県内企業に就職するに関する提案をする場だと認識しています。その中で、高卒者がせっかく県内企業に就職しても、離職が起こっているのではないかという問題提起をさせていただきました。デジタルを活用して、実態調査を行い、ミスマッチが起きているのであれば、対策が必要という意見です。よろしくお願いいたします^^

by NoboruOyamaさん - 2021/07/17 20:49 問題を報告

#001 ご意見ありがとうございます! 厳しい表現をして申し訳ございません。先に謝ります。uniuniさんのご意見は、個人の幸せよりも、自治体の都合を優先するという意味でしょうか?  私も地域で活動する20代前半の若者の1人として、そういった考えをお持ちの方が地域に多いとすると、絶望を覚えます。そういった考えが地方に広がることが、若者が都市に出ることを促進していると思いますが、いかがでしょうか?

by NoboruOyamaさん - 2021/07/17 20:19 問題を報告

投票履歴 5

高評価コメント 0

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

ページの先頭へ