アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

障がい者の親を持つ子どもへの支援

障がい者の親が養育している子どもが保育園・幼稚園・学童保育へ安心して入れるように。
希望者(親)が障がいで手続きができないようなら障がい福祉課等が代理で手続きができるように。
(現金支給ではなく環境を整備する)

【提案に至った現状、課題、背景等】
現状、子どもに関する手続きは役所のあちらこちらを回り何度も往復して行っています。
保育園等へ入園できるのかもあやふやで問い合わせが必要な状態です。

健常者でも時間と体力を酷使している現状なので、親が障がい者であることで子どもの手続きが疎かになる、難しすぎてできない等あってはならないことが起こっています。
結果、ネグレクトや虐待に繋がる可能性さえあります。

障がい者の親は、親として子にできることが健常者より少なくなる事があります(例:車椅子の親は子とサッカーができない、強迫性障害の親は子と外遊びができない等)
できない事をできる事で埋め合わせ、年齢に合った教育ができれば問題ないのですが、できないことで悩む障がい者の親は多いため、障がい者の親が声をあげたら受け止めてくれる環境が欲しいです。
全ては、たくさんの刺激を受け子どもが健やかに成長するためです。

今回は障がい者を主として挙げましたが、障がい者に限らず起こることだと思うので徐々に範囲を拡大し「子どもの教育・刺激への機会」が走り回らなくても増やせる選択肢を作って欲しいです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ