アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

若年層の防災活動参加への意識を高めるための取り組み

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。
 提案者(ニックネーム)は「しずちゃん」様です。

【概要】
若年層の防災活動への参加率の低さはどの地域においても共通の課題となっている。若年層が防災意識を持ち、率先して地域で開催される訓練等の防災活動に参加するようになってもらう。

【提案に至った現状、課題、背景等】
災害はいつどこで起こるか予想がつかない。明日、南海トラフ地震が起こる可能性は十分にあり得る。そのため、地域の防災活動の担い手である若者が日ごろから訓練を行うこと重である。そこで、若年層の防災活動低下に対して少しでも力になりたいと感じ事業提案に至った。

【事業の詳細】
防災活動促進のためのSNSアカウント(LINE,Instagram)やポスターを作成する。
SNSを利用している若年層は非常に多いため、防災活動を行うことのメリットや災害で助かった人の実話、災害時の対策などを投稿に載せることで多くの若年の目に触れ、関心を持ってもらうことができる。Instagramでは、防災活動の写真をあげて、詳細を知ってもらう。
公式LINEでも情報提供を行うが、より多くの人に追加してもらうために、公式LINEスタンプなどの特典をつける。公式LINEを使って、防災訓練の実施について呼びかけをする。
さらに、防災訓練に参加し、クイズに答えると抽選で豪華賞品をプレゼントされることを告知する。防災訓練実施後に、専用サイトのQRコードが添付されている用紙を配る。特設サイトから、クイズの回答と景品を贈るための住所、防災訓練に参加した感想(任意)を入力し、応募してもらう。送信後にクイズの正解を発表する。クイズに答えてくれた人の中から抽選で三重県の特産品をプレゼントする。
また、全問正解者にはさらに豪華な三重県の特産品(松阪牛など)をプレゼントする。また、地域の小中学生を対象に防災活動促進のためにポスター作りを依頼する。ポスターは地域の公共機関などに掲示する。

報告/依頼内容
ページの先頭へ