アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

若年層の防災意識を高める

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。
 提案者(ニックネーム)は「7グループ」様です。

【概要】
災害はいつ起きるか予測ができない。若年層が災害が起きたときに対応でき、被害を少なくできるように多くの人に意識を高めてもらう。

【提案に至った現状、課題、背景等】
若年層が防災に対して「めんどくさい」「つまらない」などのネガティブなイメージを抱えており、さらに大きな災害を体験していないため防災意識が低い。

【事業の詳細】
防災に関するチラシを作成して毎月ポストに配布したり、つぅぴ~すなどの三重県の生活情報誌に簡易トイレの作り方などの災害や防災に役立つ情報、または新聞紙で暖をとることができるなどの豆知識を2ページ程度掲載する。
またこれだけだと、一方的になってしまうため、QRコードを掲載してFormsでチラシや生活情報誌に掲載した内容から問題をいくつか作成し、全問正解者には懐中電灯や防災用ラジオ、JA三重北による三重県のおいしいコシヒカリを100%使用した『おいしい非常食』などの防災グッズや、伊勢海老、松阪牛、アワビなどの三重県の特産品をプレゼントする。
こうすることで、問題に回答するためにチラシや災害特集の内容に目を通してもらえ、災害に対する意識や知識を高めることができる。
また、プレゼントとして災害グッズや三重県の特産品を贈呈することでいざというときにその防災グッズを使用でき、三重県の地域産業の活性化を促すことができる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ