アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

「みんなでつながろう!」三重県コミュニケーション

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。
 提案者(ニックネーム)は「りゆもこ」様です。


【概要】
不審者や、犯罪に合わないために現在ほとんどの家庭にある電子機器を通じて、街頭の少ない人通りの場所、不審者が良く出る場所などをマップに示し、被害を未然に防ぐ。また、三重県は外国人住民が多いのでその人たちも利用できるように複数の言語に対応させ、情報提供できるようにする。

【提案に至った現状、課題、背景等】
新型コロナウイルス感染症が蔓延する中、行動自粛をしなければならなくなり、人とのかかわりを極力避けなければいけない状態になっている。警察の街頭における情報発信では一部の人たちだけになると考え、電子機器を使えばより多くの人に手軽に情報を知ってもらえると思ったから。さらに、複数の言語に対応させることでコロナ禍で対面でコミュニケーションをとることが出来ない外国人の人とも関われるオンラインでアプリを作る。

【事業の詳細】
アプリの詳細として、複数の言語に対応して防犯マップと交流の場になるようなチャットやビデオ通話を楽しめる機能を作る。
防犯マップの詳細が、新型コロナウイルス感染症の流行で人との接触は極力避ける必要があるので、「三重県ニュース」というアプリを作り、不審者がどの場所で出現したのかをマップに掲載し、通知をし多くの人の目にとまるようにする。不審者投稿は住んでいる人たち誰でも投稿できるようにし、次の被害を抑えられるようにする。
チャットやビデオ通話を楽しめる機能とは、各言語のチャットやビデオ通話を設け、自分の参加したい言語のチャットやビデオ通話などに参加できるようにする。チャットやビデオ通話のグループは趣味、ニュース、行事などの話題によってグループを分ける。
不審者情報の通知範囲は位置情報を利用し、その周辺で起こったことを通知できるようにする。(メールの通知のように)

報告/依頼内容
ページの先頭へ