アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

若年層への防災参加促進、防災に関する知識確認

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。
 提案者(ニックネーム)は「みかん⑮」様です。

【概要】
最近異常気象が取り上げられており、急な土砂災害や大地震でたくさんの人が被害に遭っているというニュースをよく目にする。そのため、今回はもし災害が起こったときに自分自身の身を守れるように県民(特に若年層)全員に災害について知識を得てもらい、防災活動の参加を促す。

【提案に至った現状、課題、背景等】
7月のはじめ、熱海で大規模な土砂流が発生し、130棟が被害を受け、行方不明者は18人、ほかに10人の死亡が確認されている。もし、自分の周りでこのような災害が発生したと考えると、自分の知識不足で救える命や守れるものも、守れなくなるのではないかと感じた。そこで、自分と同じように若年層の人はまだ災害についての対策をあまり知らないのではないかと思ったから。

【事業の詳細】
三重県のホームページにおいて災害についてこれから先起こるかもしれない南海トラフ地震や異常気象による土砂災害などの恐ろしさといった災害の知識を伝える。また、防災活動についても載せておく。そして、若年層の人々の目に触れるように、三重県内の各大学において学生にメールでそのホームページをみてできれば活動に参加するよう、URLつきで送信してもらう。大学生以外の若年層の人たちにも呼び掛けられるように動画を作成し、YouTubeや動画の切り抜きをツイッターやTikTokなどの若者に人気なソーシャルメディアで公開する。動画は、県と市の職員に出演してもらい、取り上げる内容としては、三重県の地形やハザードマップなどをあげ、知識を得てもらう。
また、防災活動の様子ややり方を動画でライブ配信する。防災活動のライブ配信を視聴した人とツイッターでフォローしてくれた人に抽選で防災グッズが当たるようにして、ツイートに気づいてもらえるようにしたい。具体的なライブ配信の内容は、実際の被災時の具体的な行動や被災時に役立つおすすめのものについてとりあげる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ