アイデアの問題報告 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

孤立しない社会 子育てアプリ (開示連携アプリ)

【概要】
子育てアプリ(連携できる仕組み)
亀山市では、にじいろノートというものがありますが、もっと深掘りをいたしまして、文部科学省よりH22年版家庭教育手帳など、子育てのマンガや、具体的な子供の育て方などの冊子を、活用出来たらと、思いました。
そして、始まりは日記、検索など
お母さんになる前から記載が出来るアプリですが、
お母さんになって、ひとつずつ綴り残して、その時の状況、思いを記載。その時は何もなくても、後で繋がる場合があるので記録は、大事だと思います。
その記録は、使用方法として、医療機関に相談の情報として使えます。
そして、子供さんの本当の理解者、観察を一番しているのは、お母さん。直感で、ん?あれ?っと、思ったことが、後になって必要になることもあります。
それは、障害の分野でも同様だと思います。
自分の子供も発達障害として、認定されるまで、された後、それ以外でも、それぞれ関わる施設、機関で連携がない分、情報収集、ひとつひとつに同じことを伝える。いろんな手間や苦労が多々あると思います。
そして、お母さんの意思でそれぞれに開示が出来る仕組みです。
①三重県市町村によって違いがあると思いますが、さまざな子供教育支援を市町村の活性化、アイデア、三重県の幸せ評価アップ!
②妊婦さん、子育てお母さん、生きづらさ感じているお子様のお母さん、発達障害のお子様のお母さん、個性を発揮させて子育てをしたいお母さん
不安を解消、相談、安心から自分軸の子育て方法で楽しく笑顔で子育て出来るに繋がれる。
【提案に至った現状、課題、背景等】
4人子育てしています、大学生から小学生、1歳の子供がいます。その中で、自分だけでなく、周りのお母さん達のご意見聞かせていただき、思いました。
今は核家族のご家庭か多く、そして、親元が遠方だったりで、特に今コロナの関係で手伝ってもらえる人がいないっていうことは、すごく辛いと思います、子育ては責任と忍耐力が必要です。それを特に初めての出産の場合、何をどうしたらいいのか分からないことも多々。相談できる相手、寄り添ってくれる環境か身近にあるのと無いのではすごく安心の差があると思われます。
より、住み良い町づくり、出来ることから叶っていただけると有難いと思います。
孤立しない社会
親が変われば子供も変わる。親を支えれば地域、県も豊かに!そう思いました。

報告/依頼内容
ページの先頭へ