検索結果 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

通勤等への自転車活用支援によるエコ・健康増進を目的とする「三重健康経営モデル」推進

naikeさん

【概要】 「2つの2050年問題」解決のため、 10km以内の移動を自転車転換していく支援の仕組みづくり まず三重県職員へ、自転車通勤の支援を制度化 ・自転車通勤費の支給拡大(電車バス並み) ・県庁等都心への通勤ステーション設置 (安価に利用できる駐輪場+シャワー施設等) ... » 詳しく

地域の防災に関するSNSの活用

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「20」様です。 【概要】 SNSを通して、三重県の防災の情報を提供することで、災害の備えや意識などの防災力を高める。 【提案に至った現状、課題、背景等】 南海トラフ地震が... » 詳しく

足を運びたくなるような防災活動

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「ミカン⑱」様です。 【概要】 普段から災害について体験を通して学習し、それをもとに対策を考える機会を設ける。 【提案に至った現状、課題、背景等】 日本は自然災害が多い国で... » 詳しく

若年層への防災参加促進、防災に関する知識確認

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「みかん⑮」様です。 【概要】 最近異常気象が取り上げられており、急な土砂災害や大地震でたくさんの人が被害に遭っているというニュースをよく目にする。そのため、今回はもし災害が... » 詳しく

若年層の防災活動参加への意識を高めるための取り組み

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「しずちゃん」様です。 【概要】 若年層の防災活動への参加率の低さはどの地域においても共通の課題となっている。若年層が防災意識を持ち、率先して地域で開催される訓練等の防災活動... » 詳しく

みんなで上げよう防災意識

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「防災活動促進隊」様です。 【概要】 災害時、自分や周囲の人々の身を守るためには、防災への意識を高める必要がある。そのため、自らの住む地域の災害リスクを明確化し、防災の知識を... » 詳しく

若年層への防災活動参加促進

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「フェイシー」様です。 【概要】 高齢化が進み、災害も年々増えているこの時代には、若年層が積極的に災害に対して取り組むことが重要になる。いざというときに若年層が率先して動き多... » 詳しく

若年層の防災意識を高める

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「7グループ」様です。 【概要】 災害はいつ起きるか予測ができない。若年層が災害が起きたときに対応でき、被害を少なくできるように多くの人に意識を高めてもらう。 【提案に至っ... » 詳しく

みんなでつくる防災マップ

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「チーム6」様です。 【概要】 三重県は近い将来南海トラフ地震に見舞われることが予想されている。災害が起こった際に一人一人がどこにどのような危険があり、どこに逃げるべきなのか... » 詳しく

防災活動に参加して豪華賞品当てよに!!!

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「SUN」様です。 【概要】 若年層に防災活動に参加し、意識を高めてもらう 【提案に至った現状、課題、背景等】 防災活動の存在を知らなかったり、興味を持っていない若者に災害の... » 詳しく

デジタル防災訓練を通した若年層の防災活動の参加促進

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「アボガド」様です。 【概要】 今後南海トラフ巨大地震が発生すると言われている。よって、防災意識の低い若者にも防災訓練に参加してもらい、自然災害を身近なものであると感じてもら... » 詳しく

若年層の防災対策に対する意識の向上

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「223」様です。 【概要】 地域で防災訓練が行われていても、参加しない若年層が6~7割いる。なぜ防災活動に参加した方がよいのかの知識を持ってもらうと同時に、新型コロナウイル... » 詳しく

若年層の防災活動の促進や防災意識の向上

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「みかん㉔」様です。 【概要】 若年層が防災意識をもち、率先して地域で開催される訓練等の防災活動に参加でき、防災意識の向上や防災知識の促進、防災グッズ等の準備を自ら心がけるこ... » 詳しく

新型コロナウイルス感染症下における防災活動意識を高めるウォークラリー

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「ハンバーグ」様です。 【概要】 災害発生時にコロナウイルス感染症の対策を徹底し、防災活動への参加率の低い若年層が参加したくなるような活動を実施することで、防災活動の担い手を... » 詳しく

若年層への防災活動参加促進と正しい知識の付与

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「ピペラシリン」様です。 【概要】 防災活動に参加するたびにポイントがもらえ、ポイントがたまると県内のレジャー施設が特別価格で利用できたり、県内の公共施設が無料で利用できるよ... » 詳しく

災害に強く便利で住みやすいまちの構築

CochinNagoyaさん

【概要】 ご提案の概要についてご記載ください。 【提案に至った現状、課題、背景等】 河川や沿岸部に近い地域を安心して選んで定住するのを避けている県民が、災害が多い昨今の状況を見ていて感じているのではないかと思われる。 既存の鉄道路線を活用して既存の駅から再開発すべ... » 詳しく

標語「当たり前と問題意識を忘れた頃に想定外の災害がやって来る」とソロキャンプで想定外対応力の育成

とある、しょう人さん

【概要】  社会人手前の、 時間に恵まれている在学中の若い方に、  一人きりのソロキャンプを提供して、 想定外の出来事に向き合えるチカラを養いましょう。  私物のスマホは持ち込まずに、 一人きりで、2、3週間のソロキャンプを実施します。  誰にも相談せずに、自分... » 詳しく

複合支援事業の創出

とらよしさん

【概要】 あったかいマーケティングMIX 【現状、課題、背景】 アフターコロナの話を含みます。 県内では現在新型コロナ感染者数が爆発的に増加傾向です。県として最大級の支援を行って頂く事は大前提ですが、県としてもアフターコロナの経済復帰案がなければ支援範囲も限定されると思... » 詳しく

災害ボランティアに日当の支給を

普通の身体障害者さん

【概要】 災害ボランティアという定義と相反する提案ですが 公の機関は、ボランティアを募ってはいけないと思うのです。 理由は、 労働の価値の否定。無償奉仕の強要 やりがい搾取などにつながるからです。 被災者が日当を得ることで、救済にもなるし一石二鳥だと思うのです。 ... » 詳しく

リアル災害ゲームの実施

MatsuiHisayukiさん

【概要】 リアルな被災を体験できる、「リアル脱出ゲーム」を実施する。 【提案に至った現状、課題、背景等】 若年層が防災活動に参加しないのは何故か? 楽しくない、意味がわからない、忙しい... 他、様々な理由があると思われますが、 要するに、「体験したことがないから」 ... » 詳しく

離島の医療問題を解決したい

matsuokaさん

(概要) 離島の医療を発展、充実させる (神島)人口:534人、診療所:1、医師:1(0)、ドクターヘリ用ヘリポート;2 (答志島)人口:2981人、診療所:2、医師:2(1)、ドクターヘリ用ヘリポート;2 (菅島)人口:828人、診療所:1、医師:1(0)、ドクターヘリ用ヘリポート;2 ... » 詳しく

ARアプリを用いた防災

matsuokaさん

(若年層への防災活動l促進について) 特に災害時の避難訓練経路を考えるアプリを考えました。主な概要としてARの技術を利用して非難経路の危険なものを当てるクイズを解いて進み、避難所に到達させるもの。ゲーム感覚で進められるため若年層も楽しく参加できるのではと考えました。無事... » 詳しく

Wi-Fi利用の推進

matsuokaさん

(概要) 低予算でフリーWIFIの公園などの利用所の多い公共施設への設置 (現状) 世界的な鈴鹿サーキットでもフリーWIFIは弱い。また駅にWIFIはあっても街中でフリーWIFIがあるところは少ない。公園などに設置すれば、人の集まりがよくなる。公園にはスマートウォッチを有効活用で... » 詳しく

デジタル時代だからこそデジタルでできない体験を

バードアイさん

デジタルでできることが格段に増え、私たちの生活が大きくかわりつつあります。その中で子育てや教育分野においてもデジタル活用した生活が日常化する中、逆に実体験の機会が重要になってくると感じます。 県内には自然を体験できる施設、農林漁業を体験できる事業者などが数多くあり... » 詳しく

「まずは1日防災共助隊員」自主防災組織訓練

がんばれ日本さん

【概要】 三重県庁が主催し、県内市町消防本部・消防団の協力も得て、「まずは1日自主防災隊員」訓練体験を、年に複数回・複数個所で開催する。 参加者の募集にあたっては、将来の自主防災組織の中核を担う若者を育てるため、県内高等教育機関(大学など)と連携し、授業での周知等を... » 詳しく

ページの先頭へ