検索結果 | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


検索結果

以下のカテゴリへの投稿は本ページに表示されません。各カテゴリのリンクに直接アクセスしてください。

一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

オンラインで行う不登校児童生徒の居場所づくり

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「かんかん」様です。 【概要】 年々不登校になる児童・生徒が増加している。学校に行くことが難しくても、交友関係を持つことができるように、気軽に相談や雑談ができる場所を設ける。... » 詳しく

不登校児童生徒の居場所づくり

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「ネコパンダ」様です。 【概要】 不登校になるのはいじめや集団生活の苦痛が原因になっていることが調べてみてわかった。これらの原因による不登校は人間関係で問題が起きるため自分や... » 詳しく

農業で楽しみながらの居場所づくり

みやさんさん

【概要】 勝手につけた名称 農家『陽だまり』は農業を通して、地域の人たちに溶け込みながら、農業に従事し自立していくことを目指していく、目標、目的を持って新しい居場所を創ることをしていきます。 不登校の方、引きこもりの方が描いた希望や夢を目指す居場所にしていく。 お互... » 詳しく

複合支援事業の創出

とらよしさん

【概要】 あったかいマーケティングMIX 【現状、課題、背景】 アフターコロナの話を含みます。 県内では現在新型コロナ感染者数が爆発的に増加傾向です。県として最大級の支援を行って頂く事は大前提ですが、県としてもアフターコロナの経済復帰案がなければ支援範囲も限定されると思... » 詳しく

虐待を未然に防ぎ、不登校・引きこもり・非行を長期化させないためのネットワークシステムの構築

kukkoさん

【概要】 介護では介護の必要な人が安心して過ごせるよう「ケアマネージャー」がいるように、子育てにおいても困難な状況にある親を支え、問題を抱える子どもたちが自立できるよう継続的に支援する「子育て支援員」が必要と考えます。そして支援が必要な家庭をデータベース化して官民で... » 詳しく

gather.townを利用した仮想コミュニティの設立

Naoさん

【概要】 WEBコミュニケーションツール「gather.town」を利用し、気軽なコミュニティづくりを行う。 ツールの中で少人数での小規模の集まりを開いたり、同じツールで大規模な催し物を行ったり。さまざまな人との関わり方を通して、直接会わずとも人と人、人と社会の関係を途絶えないよ... » 詳しく

トラウマ、複雑性トラウマなどの理解と、トラウマ理解に基づく医療支援と地域社会での周知理解

こすもひまわりさん

【概要】 ・トラウマ、複雑性トラウマ、発達性トラウマの理解 ・トラウマ・インフォームド・ケア、トラウマ・インフォームド・アプローチの理解 ・そういう医療・支援体制や、福祉、教育、自治体はじめ地域社会の理解、周知、啓発 ・性犯罪や性暴力の支援や治療に関わってが、きっか... » 詳しく

不登校児童・生徒の居場所

matsuokaさん

(概要) 不登校児童の抱える学業面の不安の解消と、それによる社会に出ていくにあたっての負担の減少。 (現状、課題、解決) 三重県における小・中学生の不登校児童の割合は全国平均より低いのに対して、高校生の場合は比較的高い。三重県内では不登校生に向けた集会がある。学校に通... » 詳しく

ICTと教育革新について

matsuokaさん

(問題点、改善点) ・脱炭素、交通機関が少ない、内陸部の交通費が高い、先生が少ない (手段) 学校に来るハードルを下げる。不当の人でも授業に参加できるようにオンラインの授業を導入する。学校紹介のVRTを作る。→VRを使う→経費 出来る人とクラス別に分ける→人件費 (現状) ... » 詳しく

不登校児童・生徒の居場所づくり

matsuokaさん

まず不登校になってしまう理由として、いじめ、勉強したくない、家庭環境、人間関係などがあげられる。解決できない理由として三重県は不登校生徒の実態調査を行なっている福祉機関が9%しかないため、県全体で問題点の共有ができていないからであると考えた。 そこで私たちはまず不登校... » 詳しく

三重県デジタルツインでVR空間に居場所を

dwalker2019さん

【概要】 不登校とは本来児童生徒が行くべき学校という場所へ「行かない」という選択をとった、あるいは「行く」という行動を放棄したことを意味し、別の居場所を用意したとしても児童生徒本人が能動的になじみのない場所へ行く可能性は低い。 そこで仮想空間上に他者と交流が出来る場... » 詳しく

勉強のためのインターネット

上原さん

【概要】 三重県として、もしくは各学校単位で、質問ある生徒と先生、或いはその生徒と質問に答えられる生徒のような生徒同士で、一対一で教えてもらえる場所をインターネット上に設ける。(知恵袋のようなもの) 多くの塾で行われているように、わかりやすいとされる授業の動画を作成... » 詳しく

居場所として県庁を活用

がんばれ日本さん

【概要】 県庁において、不登校児童生徒が集まれる場所を設置する。 【提案に至った現状、課題、背景等】 不登校児童生徒が相談できる場所が必要ですが、学校関係者とは関わりのない立場から、話ができる相手が必要かと思います。 例えば、県庁において、自由に集まって、話ができ... » 詳しく

ページの先頭へ