14.不登校児童生徒の居場所づくり | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


14.不登校児童生徒の居場所づくり

不登校児童生徒が、適切な管理のもとで安全・安心に他者と交流し、自ら社会とつながろうとするきっかけを得て、さまざまな相談機関等を活用するなど、社会的に自立することにつながるアイデアを募集します。

このカテゴリーの参考資料

このカテゴリーの最新コメントを閲覧
一覧表示する期間を指定
指定なし
1日
1週間
2週間
1ヶ月
3ヶ月

オンラインで行う不登校児童生徒の居場所づくり

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「かんかん」様です。 【概要】 年々不登校になる児童・生徒が増加している。学校に行くことが難しくても、交友関係を持つことができるように、気軽に相談や雑談ができる場所を設ける。... » 詳しく

不登校児童生徒の居場所づくり

※この投稿は三重県アイデアボックス事務局が代理で投稿しています。  提案者(ニックネーム)は「ネコパンダ」様です。 【概要】 不登校になるのはいじめや集団生活の苦痛が原因になっていることが調べてみてわかった。これらの原因による不登校は人間関係で問題が起きるため自分や... » 詳しく

gather.townを利用した仮想コミュニティの設立

Naoさん

【概要】 WEBコミュニケーションツール「gather.town」を利用し、気軽なコミュニティづくりを行う。 ツールの中で少人数での小規模の集まりを開いたり、同じツールで大規模な催し物を行ったり。さまざまな人との関わり方を通して、直接会わずとも人と人、人と社会の関係を途絶えないよ... » 詳しく

不登校児童・生徒の居場所

matsuokaさん

(概要) 不登校児童の抱える学業面の不安の解消と、それによる社会に出ていくにあたっての負担の減少。 (現状、課題、解決) 三重県における小・中学生の不登校児童の割合は全国平均より低いのに対して、高校生の場合は比較的高い。三重県内では不登校生に向けた集会がある。学校に通... » 詳しく

不登校児童・生徒の居場所づくり

matsuokaさん

まず不登校になってしまう理由として、いじめ、勉強したくない、家庭環境、人間関係などがあげられる。解決できない理由として三重県は不登校生徒の実態調査を行なっている福祉機関が9%しかないため、県全体で問題点の共有ができていないからであると考えた。 そこで私たちはまず不登校... » 詳しく

三重県デジタルツインでVR空間に居場所を

dwalker2019さん

【概要】 不登校とは本来児童生徒が行くべき学校という場所へ「行かない」という選択をとった、あるいは「行く」という行動を放棄したことを意味し、別の居場所を用意したとしても児童生徒本人が能動的になじみのない場所へ行く可能性は低い。 そこで仮想空間上に他者と交流が出来る場... » 詳しく

居場所として県庁を活用

がんばれ日本さん

【概要】 県庁において、不登校児童生徒が集まれる場所を設置する。 【提案に至った現状、課題、背景等】 不登校児童生徒が相談できる場所が必要ですが、学校関係者とは関わりのない立場から、話ができる相手が必要かと思います。 例えば、県庁において、自由に集まって、話ができ... » 詳しく

相談できる存在(場所)

RISAさん

【概要】 ご提案の概要についてご記載ください。 ネットで自分の現状だったり悩みを相談できるような場所を作ったり、同じ境遇にいる子同士が話せる空間を作る。(最初はメッセージでのやりとりから始めれるように) 【提案に至った現状、課題、背景等】 ネット広告で情報提供 ご提案... » 詳しく

ページの先頭へ