中高生による、生物季節観測隊の結成と、活動の継続のお願い。 by とある、しょう人さん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00154

中高生による、生物季節観測隊の結成と、活動の継続のお願い。

カテゴリー
01.自由提案部門
寄稿者
とある、しょう人さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

【概要】

 県内の中高生の方に、多数参加して頂き、
博物館や大学の専門家、有識者の方々を起点とした、
 生物季節観測隊を組織して、各地のデータを集めて、
来るべき未来に備えて活用しましょう。

 これは、日本的な文化にも繋がる問題です。

【提案に至った現状、課題、背景等】

 現代人は人為的な環境に慣れすぎていて、
身近な所でも、急速に、生物多様性が失われ、
 大量絶滅が進んでいることに、気づいていないようです。

 時代が移り、身の回りのものが、お金ですぐに手に入る、
「人工環境ネィティブ世代」が増えるにつれ、
 デジタル空間で何でもできるという、驕りの心が広まっているようです。

 太古の昔より、自然界は偉大な教師でありつづけ、
人類は、そこから学んだ様々なことを積み上げることによって、
現代の文明が成立しています。

 「ハクチョウのまち」、青森県平内町(ひらないまち)で、
約60年にわたる、小学生のハクチョウの観察日記が、
貴重なデータとして論文にまとめられて、学術誌ScienceDirectに掲載されたそうです。

 次世代を生きる方々に、
当たり前と見すごさない、センスを磨いて頂けると幸いです。

 気象庁の生物季節観測が、廃止から存続に変わったことについて、
気象予報士の森田正光さんの解説記事が、
 Yahoo!ニュース2021年3月30日付で、でています。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ