標語「当たり前と問題意識を忘れた頃に想定外の災害がやって来る」とソロキャンプで想定外対応力の育成 by とある、しょう人さん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00152

標語「当たり前と問題意識を忘れた頃に想定外の災害がやって来る」とソロキャンプで想定外対応力の育成

カテゴリー
02.若年層への防災活動参加促進
寄稿者
とある、しょう人さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
1ポイント

【概要】

 社会人手前の、
時間に恵まれている在学中の若い方に、
 一人きりのソロキャンプを提供して、
想定外の出来事に向き合えるチカラを養いましょう。

 私物のスマホは持ち込まずに、
一人きりで、2、3週間のソロキャンプを実施します。
 誰にも相談せずに、自分一人の知恵で乗り切ることを目指します。

 防犯、安全対策、緊急時の連絡手段を完備します。
定時安否確認を確保し、世の中の動きも情報提供します。

【提案に至った現状、課題、背景等】

 一般に想定される災害についてですが、
あまりにも類型化され過ぎて、
未知の出来事に向き合えるチカラが、失われているかと思います。

 とくに大部分の、お若い方は、幼い頃から、
お金を払えば、様々なモノが、手に入る恵まれた環境に居られると思います。

 お友達と同調して、恵まれた環境にいると、
当たり前意識が強くなりすぎて、
 身の回りを、見つめ直すことを忘れてしまいます。
 問題ないと軽く流さずに、疑問や、問題意識を持つことは、
防災の考えのベースであると思います。

 これが当たり前と、問題意識を忘れた頃に、災害がやって来るようです。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ