勤労青少年ホーム制度の復活 by 普通の身体障害者さん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00142

勤労青少年ホーム制度の復活

カテゴリー
01.自由提案部門
寄稿者
普通の身体障害者さん
投稿日時
コメント数
3コメント
評価P
1ポイント

鈴鹿市や津市では、勤労青少年ホームは、なくなってしまったのですが他の都市にはまだあるのでしょうか??
私は、職場の縦の繋がりばかりの人間関係ではなく、地域で横の繋がりを持てた良い制度だと思っていました。

そもそも、勤労青少年ホーム自体がマイナーな存在であったので概要としては、
18歳から30歳までの、社会人で未婚者を対象とした文化教室兼青年団的なイベント活動を厚生労働省管轄にて実施していた施設でした。
勤労青少年ホーム間の交流イベント ジャンボリーなど県外との交流もありとても楽しかった思い出です。
嫁との出会いもあり、そのころの友人は、定年間際の今でも交流のある大切な友人が多くおります。

元々は、集団就職で、企業の寮などに住う若者の交流の場所であったのが始まりであると聞いていますが
現在でも、内容次第で、人は集まるものでは無いでしょうか?

このアイデアのタグ

ページの先頭へ