身体障害者の自動車税非課税制度に含まれる差別的扱いの廃止について by 普通の身体障害者さん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00113

身体障害者の自動車税非課税制度に含まれる差別的扱いの廃止について

カテゴリー
12.高齢者、障がい者、子育て中の方などを 応援するインフラ利用
寄稿者
普通の身体障害者さん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
0ポイント

【概要】
身体障害者には、所有する1台の自動車に関してその自動車税を減免される制度があります。
差別的と思われるのは、所有の自由の侵害に関するものです。
現在減免を受ける自動車を乗り換える場合、入れ替える前の所有する自動車の所有を放棄しないと次の自動車の減免を認めない制度です。
身体障害者は、1台しか車の所有を許されないのでしょうか??お気に入りの車を持ったまま、増車してはいけないのでしょうか。
明らかに、手続き上に、差別意識が透けけていませんか?
自動車を家族の所有に名義変更して、手続きをして、その後、所有登録を元に戻すという面倒くさい作業が発生するのです。
今作業を実施した場合、法律的には、なんの問題も無いということは、そもそも、
所有の移動をさせること自体が無意味で嫌がらせ以外の何者でもありませんよ。
手続きの簡素化のご検討をおねがいしたいです。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ