リアル災害ゲームの実施 by MatsuiHisayukiさん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00091

リアル災害ゲームの実施

カテゴリー
02.若年層への防災活動参加促進
寄稿者
MatsuiHisayukiさん
投稿日時
コメント数
1コメント
評価P
4ポイント

【概要】
リアルな被災を体験できる、「リアル脱出ゲーム」を実施する。

【提案に至った現状、課題、背景等】
若年層が防災活動に参加しないのは何故か?
楽しくない、意味がわからない、忙しい...
他、様々な理由があると思われますが、
要するに、「体験したことがないから」
という理由が大きいと考えます。

深刻な被災体験があれば、日々の意識も違うでしょうから。
なので、若者に人気の「リアル脱出ゲーム」の仕組みに似た、
リアルサバイバルをゲームとして体験してもらうのはどうでしょう?

予算によりますが、もっとも容易かつ簡便な手法としては、
ゲーム参加者には、スマホと自分で選んだ数点の日用品(予め提示したものの中から選ばせます)を持たせ、何が災害時に役立つかを学んでもらいます。離島なりでサバイバルしてもらえば十分だと思います。
もちろん、専用のアプリがあり、現在の災害状況や外界がどうなってるか、また、島での危険やサバイバルのアドバイスなどを受け取るわけです。
2泊3日程度の期間にして、所定のクリア条件(自分たちで狼煙を上げるなど)を達成したらパーフェクトとか、そんなゲームにしたら、人気も出るし、防災意識も高まるし、一石二鳥じゃないでしょうか?
もちろん、参加は、三重在住か留学生に限られます笑

ページの先頭へ