EV充電スポットの「見える化」 by matsuokaさん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00054

EV充電スポットの「見える化」

カテゴリー
06.脱炭素化への取組
寄稿者
matsuokaさん
投稿日時
コメント数
2コメント
評価P
1ポイント

(概要)
脱炭素化へ向けて、CO2の削減を促進する取り組みです。
具体的には、スマートフォンのアプリケーションをもちいた、電気自動車の充電スポットを見える化。また、公共交通機関の利用や歩行、自転車の利用においてポイントを貯め、そのポイントで三重県の特産物と交換する。これらの策によって、CO2の削減を促進します。

(提案に至った現状、課題、背景等)
三重県では「交通の便が悪い」と答える市町村が多いことから、公共交通機関が発達不足であると考えた。このことから自動車の利用も多い傾向にあると予測できた。
よって、電気自動車利用の促進、公共交通機関利用の促進はCO2削減に有効である。
今、電気自動車の充電施設がどこにあるのか、どれだけあるのかわからないために利用数が少ないのだと考えた。その解決手方法として、充電施設の可視化によって親しみやすさを感じることができると考える。公共交通機関の利用については、利用することでポイントが得られ、景品がもらえるという、自動車を使わないことに付加価値をつけることで促進できると考えた。
以上よりCO2削減の取り組みとして、スマートフォンのアプリケーションを用いて、電気自動車の充電スポットの見える化、公共交通機関の利用、歩行、自動車利用によるポイントの配布を提案してする。(2C-1)

ページの先頭へ