豊かな森を誰が見てもわかるようにする by 海狸さん | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


アイデア番号
@00011

豊かな森を誰が見てもわかるようにする

カテゴリー
01.自由提案部門
寄稿者
海狸さん
投稿日時
コメント数
5コメント
評価P
7ポイント

【概要】
所有するも森林の場所をGIS(地理情報システム)で見られるようにする

【提案に至った現状、課題、背景等】
所有する森林の場所がわからないと何も伝わらない。
ゆくゆくは森林ごとの二酸化炭素吸収量の目安もわかるかも。
おじいさんが植えた木の物語が3世代で楽しめます。

令和の林業の施主さんは初めての方が増えてきました。
私たち現場の者は山主さんを独りにはしません。
この森林情報サービスは、その共感の軸になると考えています。
皆様、投票をお願いします。

A Richer FORESTより抜粋した『豊かな森』の定義は下記の通りです。

森を持つということは
国土の一部を持つという特権なのです。
それには責任が伴います。
森の持ち主は、自分のためだけではなく、
他のすべての人々のために
「豊かな森」を作り続けなければなりません。
いついつまでも
収入と楽しみを産み続け、
動物にも植物にも素晴らしい環境を
与え続けるような
そんな森を。

このアイデアのタグ

ページの先頭へ