最新コメント (総合) | みえDXアイデアボックス

みんなの想いを実現する「あったかいDX」

みえDXアイデアボックス


最新コメント (01.自由提案部門)

「DX」を理解する人材の育成と、さらにオープン化させ民間との連携を増やす

FromTsuさん

賛成です!
「よりオープンに民間と行政が連携しやすい空間」

民間ベースで出来たりはしていますが、やはりマネタイズが難しいので、行政主導でやっていただけるとありがたいですよね。ただ、縦長の三重県でいくと、どこに拠点を置くのと課題はありそう。
三重大の場所提供?
企業の出資?
三重県と絡んでいるメーカー出資?

今回の予算だと難しいかもしれないので、長く継続できる形で作っていただけるとありがたいですね。

まーでもデジタル推進局が県民にアウトプットする場所としても使えるから県庁がいいのかな~

コメント日時

三重県民が集える場

FromTsuさん

#003
あいばさんありがとうございます!
「本質的な課題解決」まさしくこれに尽きると思います。課題設定が本質であれば、ここに投稿されている三重の事を考えている人たちも自分の持っているスキルを提供してくれると思います。現にCODE forを立ち上げようとされている方もお見受けしますし。

ただ予算事業の為、予算を使い切る発想でやられると難しいのが課題なんです。箱もの等がやりやすいのも事実。
箱ものであれば、3日前のNewsで県立図書館資料費が最下位の記事を目にしました。https://www.asahi.com/a...SP8R7FR2P8DONFB01G.html
これを見て、いやいやアイデアBOX以前にすることあるんちゃうんと思っちゃいますね。

限られた予算の中で、長期的目線で県民の視座があがり、若い人たちが三重で何かを起こしたいと思えるような思想が三重県にあるのであれば私もお手伝いさせていただきます!

コメント日時

新型コロナウイルス対策 三重県モデル

退会ユーザー

一番のポイントである人員確保について、案がありません。

コメント日時
問題を報告 #001

虐待を未然に防ぎ、不登校・引きこもり・非行を長期化させないためのネットワークシステムの構築

kukkoさん

#001 コメントありがとうございます!
民生委員、児童委員も情報のネットワーク化ができれば、困っている家庭によりきめの細かい継続的な支援が可能になるのではないかと思います。

例えばフランスでは、虐待のリスクありと判断された家庭に対しては資格を持った職員を複数派遣し、一人は1日1時間、週5時間子どもと過ごしたり、別の職員は親と一緒に家事をしたり悩みを聞いたりするなどして家族を手厚くサポートします。

このほうが子ども1人を施設措置するより、結果として1/3の費用で済むといいます。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/74053?page=3

不登校児童に対しても同様に、月に4回以上半日休む児童がいれば県の担当機関に連絡し、専門の職員が子どもに寄り添い、家族もケアしていきます。https://gendai.ismedia.jp/articles/-/81286?page=3

医療機関を紹介して終わりではなく、家族の困り事の解決に向けて支え続けるシステムがあることで不登校の長期化を防ぎ、ひいては引きこもりの増加を防ぐことにつながると考えます。

コメント日時

三重県民が集える場

あいばさん

大賛成です。
県庁の近くに住む、ITやWEBに関わるサービス開発などをおこなっている人間ですが、面白いコト(本質の課題解決になるコト)ができるならいくらでもプロボノします笑

コメント日時

虐待を未然に防ぎ、不登校・引きこもり・非行を長期化させないためのネットワークシステムの構築

gackyさん

民生委員・児童委員にはこうした役割が期待されているのでしょうが、実態は妊産婦訪問が主な仕事となっているようです。この制度を改善して、もっと実態に即した「子育て支援員」の活躍に期待します。

コメント日時

「言えやん文化を言える文化に」

memetamさん

#003 DXフジヤマさん コメントありがとうございます。実際の方法については種々考えられると思います。ブレーンストーミングしてみたいですね。アサーションスキルは基本、素直に粘り強く、相手も自分も大切にしながら、対話をすすめていく中で、課題解決のためのアイデアが浮かぶ、というのが最大のメリットと思っています。 アサーションスキルをご紹介する手近な方法としては、おっしゃって頂いたとおり、ONLINEツールで前半ウェビナー形式、後半ブレイクアウトルームでの対話というのもありですね。
座談会というヒントをいただきましたが、三重県でも地域地域で言葉やコミュニケーションのスタイルにバリエーションがあると思います。いろいろな分野の方とのアサーションスキルをテーマにした座談会や、ファシリテーターチームがあちこちへ旅をしているつもりで地域の人たちと話してみる、など、楽しいアイデアがたくさん出てきそうです。アサーションは表面上の対人スキルだけでなく、相手の権利や多様性の理解、自分が相手に要望を持つ背景など実は人間を味わうためのものではないかと思っています。

コメント日時

スマホ・サークルのネットワーク

DXフジヤマさん

とても良いアイディアだと思いました。
総務省から出ている「自治体DX推進計画」にも、取り組むべき事項として『地域のデジタルデバイド対策』が挙げられていますね。
シニア世代だけに限らず、使い方がわからない人の助けになるような場ができたら良いなと私も思います。

コメント日時

「言えやん文化を言える文化に」

DXフジヤマさん

恥ずかしながら、「アサーションスキル」なる概念があることをこの投稿で初めて知りました。とても興味深く、勉強になりました。
DXという観点では(安直にはなってしまいますが)ウェビナー形式でのアサーションスキル講座や座談会といった情報共有の場を作るといったイメージでしょうか?

コメント日時

Wi-Fi利用の推進

雪見酒さん

#004
マイナンバーでログインは良いアイデアですね。マイナンバーカードの取得率が向上しない事への対策にもなりそうです。

コメント日時

公共交通機関の利用促進について

noritamahaneさん

通販が増えている現状があります。
楽天バスやAmazonバスを走らせれば、運搬とバス乗車の両方カバーできるかと。
毎時それぞれ一便ずつ。元々バスが無い自治体でも二便ずつバスに乗れて便利。運搬品はクール便必須とかでないならば公会堂のプードゥに半置き配で。

コメント日時

Wi-Fi利用の推進

noritamahaneさん

公会堂、病院、学校はフリーWiFi整備欲しいですね。
マイナンバーでログイン出来るようにすれば、日本国籍保有者ならどこでも楽々かと。

コメント日時

「言えやん文化を言える文化に」

memetamさん

#001 From Tsuさま コメントありがとうございます。そうなんです。すぐできる! これポイントですね!。 講座作りのノウハウはまず整っていますし。予算的にもだいじょぶかなと感じます。コロナ渦、また、そうでなくても、人間関係ストレスを感じている方が多いと思いますが、アサーションスキルは三重の家族や三重の職場をほっこりさせるためのアイテムになるとおもいます。

コメント日時

教育現場の保護者へのプリントをデジタル化!

さん

絶対に需要はあると思います!
今回の緊急事態宣言が出た時も、わざわざ子供達が学校に行ってプリントをもらってくるのではなく、各家庭にオンラインで連絡ができればオンライン授業にもスムーズに移行できます。
また防災の面でも、有事の際の安否確認がすぐにできると言うのは大きなメリットです。
コロナ禍だからこそ、簡易に学校と家庭が繋がれるオンライン化、本当に進めて欲しいです。

コメント日時

Wi-Fi利用の推進

マテ貝さん

災害発生時、フリーWifiは有効な情報収集インフラとなるのですが、あまり伝わっていないようです。普及に当たっては、公共施設およびその管理をしている組織への啓蒙もお願いします。(公共施設の現場を見ていると、何のためにフリーWiFiを設置するのか理解していない人も多く、必要性を感じていないから普及しないという様子も感じられます)

コメント日時

教育現場の保護者へのプリントをデジタル化!

マテ貝さん

メールやLINEでの配布は以前から需要がある話と思いますが、このアイデアへの投票数が非常に少ないのが気になります。子育て世代に需要がないのでしょうか?もしくは子育て世代でもメールやパソコン、スマホ操作に自信がない人が多いのでしょうか?はたまた、本サイトが子育て世代に浸透していないのでしょうか?実際の子育て世代の意見をたくさん聞いてみたいです。

コメント日時

「言えやん文化を言える文化に」

FromTsuさん

とても同意できます。

DXの行きつく先は常にコミュニケーションが壁になっていることがほどんどです。
デジタル先行で物事を進めてしまう危惧は常に感じており、それより前段階で全体が納得できるよね、またチャレンジする人を応援できるような県にするためには、コミュニケーションスキルをもった先導者を育て、1割でも活躍すれば三重県がポジティブに動いていくように感じます。
アサーションスキルを県が発信するだけでも大いに価値があると思います。(すぐできる!w)

コメント日時

デジタル時代だからこそデジタルでできない体験を

退会ユーザー

#004 流石にこれではDXのデの字もないので、即却下されそうな...どう絡ませていくかですよね。
プロモーションの方法で、例えばですが、代表的なスマートフォンに合うようなカードボードの図面をダウンロードできるようにして、VR体験ができるようにするとか、難しいかな。アウトドアに興味のある方は工作にも興味があるような。

コメント日時
問題を報告 #005
いのうえさん

#003
uniuniさま。
あぁ、再来年ですね。ご指摘ありとうございました。その頃には感染拡大がおちつくように自分たちもがんばりましょう。

災害を異常気象だけのせいにしている感じをうけますが、他県では森林調査などを小学生がしていたりして、自分たちができる減災活動につながっているように感じました。田舎に住んでいても、自然と触れ合わない子どもたちも増えていますし、「本格的なやつ」いいですね。

コメント日時
退会ユーザー

私も中途半端なDXでお茶を濁すぐらいなら、実体験をゴリゴリ推していくのが魅力的に感じます。
これって令和4年度予算だと思いますので、本格的(ライトなものは既視感がある)な自然体験プログラムを部署間、旅行会社、雑誌等のメディアがスクラムを組んで開発するというのは時間的、予算的にもできるのではないかと思います。
昨今のアウトドアブームも追い風になるのでは。

コメント日時
問題を報告 #003

三重県民が集える場

FromTsuさん

雪見酒さん返信ありがとうございます。
地域でコツコツ活動されている方に日の目を当てていけるのであれば最高なんですが、そこまでの道のりは一山超えたくらいかなと思います。

また最初の立ち上がりはデジタルに強い方の後ろ盾がないと初速がでないのでKeyになるのはまちがいなく、プロボノ意識が必要です。
其処は県がどのようにアプローチし協力を仰げるかにかかっています。例)デジタルチームにはSlack・ZOOMその他クラウド系サービスアカウント提供とか

県民の行政参加意識向上を目指すならば
提供サービスとして、県議会議員の思う三重県の課題等をそれぞれ発表(質問あり)とか
先ずは県の方向性を従来のメディアだけではない、双方向性的な形になれば、当事者意識のきっかけになるかと思います。

プラットフォームができても運営の問題もあります、初期段階は県担当者で形を作りながらプロボノへの移行、運営担当者にはそれなりの研修サポートが必須です。そういったことを老若男女問わずみんなで作れるプラットフォームが理想ではあり、今回アイデアBOXで漏れた案件などを掘り起こす場所になるのも嬉しいですよね。

コメント日時

デジタル時代だからこそデジタルでできない体験を

いのうえさん

バードアイさま。
素敵な提案で、普段なら賛成に10票くらいいれたいところですが、令和3年の予算ということで、今回は反対に入れさせていただきます。新型コロナがおちついたコロにまたお目にかかりたいです。

コメント日時

デジタルデバイド対策

雪見酒さん

スマホ等々のレクチャーを行政がするのは困難です。草の根の活動でコツコツと地道に進めるしか無いでしょう。
スマホと単純に言いますが実はパソコンよりも多機能で操作方法も多様でタッチミスによる混乱が起こり易い不完全極まりない箱です。
ですから何か一つの機能を使うにも毎回異なる操作方法が求められる事があります。ちょっとした事で操作画面が変化して再現出来ない事もあります。
困った時に直ぐ側の人に尋ねて一つ知識を得る事の繰り返しで身に付けるモノだと思います。
大勢が集う組織ならお互いが教える機会も多くマスターは早いかもしれませんが、高齢者が身に付けるには繰り返し尋ねる事の出来る環境が必要になります。

コメント日時

豊かな森を誰が見てもわかるようにする

海狸さん

#003 雪見酒さま
今、色々と調べて習得しています。正確な情報が少ないのが現状です。しっかりと計画を立てるための道具が森林GISです。森林所有者さんに寄り添えるものにしたいです。驚くほど知識を分けていただいています。投票していただき感謝感謝です。

コメント日時

県庁の「中の人」にあったかいDXを

雪見酒さん

DXはデジタルを活用した変革です。
県庁の「中の人」にそれを求めるのは筋違いだと思います。
「外の人」が「中の人」の気付かないアイデアを提案して納得してもらわなければ変革は無理だと思います。敢えて「あったかい」というのもDXの本質が既得権益層の犠牲を伴うからでしょう。セーフティネットワークの整備が必要な困難さを緩和する為に「あったかい」と言っていると解釈しています。

コメント日時

豊かな森を誰が見てもわかるようにする

雪見酒さん

GISで森の所有者が分かる様にするのにどの程度の費用が必要か分かりませんが、高い精度で無く概略でもそれなりの効果は得られそうです。
所有者が不明で管理責任が明確で無い為に大切な資産が放置される例もあるでしょう。
豊かな森林が三重県在住の私達に有形無形の恩恵を与えている訳ですから、県民として何らかの関与はしたいものです。

コメント日時

デジタル社会推進局の情報発信を

雪見酒さん

同感です。三重県の活性化にITの力を活用するのは必須だと思います。
しかし、鈴木英敬知事の衆議院への鞍替えにより推進力が保たれるのか心配です。
懸念を払拭する為にも活動について発信する機会を増やして欲しいと思います。

コメント日時

週末田舎生活支援、通信インフラ整備

雪見酒さん

過疎地に週末だけ生活すると言うニーズがどれだけあるのか疑問に思う。
多くの優遇措置を準備して訴求して来てくれる人が地域にどの様なメリットをもたらすのか?
過疎地を活性化出来るのは、その地で経済活動を営む意思のある人であり、一定期間とはいえ一時的な滞在の為に来る人が過疎地を活性化する力があるとは思えない。

コメント日時

現場の人のコメントが欲しいですね

雪見酒さん

提案されたアイデアをまだ少ししか読んでいないのですが、アイデアの芽の段階のものが多い様に思います。
それを育てるには確かに現場の人の意見が欲しいですね。
本来ならこれらのアイデアの有望なモノを叩き台に現場の人に参画してもらい議論するのが望ましいと思います。
折角のみえDXアイデアボックスなので次のステップが欲しいです。

コメント日時

キャリアショップがない地域でのスマホ講座

雪見酒さん

キャリアショップの様な単発のスマホ講座の教育効果は限定的ですね。
日常的に利用出来る様になるには周りに使い方が聴ける人が必要だと思います。
ごく基本的な事も不慣れなウチは操作方法を間違えます。スマホに慣れるまでは複数の仲間でお互いの知識を補い合いながら慣れるのが大切です。
スマホ講座が有料ならば通うのも躊躇うと思います。
教室よりもサークル活動でスマホに親しむのが良さそうです。
そんな小さなサークルの繋がりを行政サービスがサポートしてくれると助かります。

コメント日時

Wi-Fi利用の推進

雪見酒さん

日本は確かにフリーWi-Fiが整備されていせんね。
都会と地方の格差も大きいです。
スマホの通信料金が問題になりますが、外出時に気楽にフリーWi-Fiを利用出来る場が多ければデータ通信量の契約を減らす事も出来て安くなります。
三重県は公共施設が全てフリーWi-Fi利用出来るとなればデジタル活用度も上がり、関連機器の保有者も増えると思います。

コメント日時

三重県民が集える場

雪見酒さん

問題意識は理解出来ます。
「繋がり易いプラットフォーム」は、誰が参画するかが課題だと思います。色々な地域で活動している人が経験に裏打ちされた意見を持ち寄る場だと思います。しかし、その様な貴重な意見の持ち主がオンラインで容易にアクセス出来るプラットフォームの構築が可能でも、真剣に参画してくれるかが問題ですね。
まずは地域でコツコツと地道な活動をしている人を発見する事が大切な気がします。その為にはデジタルに強くて賛同するボランティアに協力を求めて発見するのが大切では無いでしょうか。

コメント日時

アフターコロナ戦略として地域住民の新しいコミュニティの再創造(カルチャーセンターの深化)

雪見酒さん

遊休施設の活用については賛成です。
しかし、成否の鍵はそれを運営する一人の主宰者の強い意思です。
公営の立派な施設は既にあります。しかし、利用者が溢れていません。
利用喚起の工夫も提案されていますが、やはり規定化するのではなくそれぞれの施設が個性的な提案をする必要があると思います。
過疎地こそその様な施設が必要ですが、それを運営するのは容易では無いと思います。
有意の人を探し運営の構想を確認し、
その人に託す度量が必要でその後のサポート体制も大切です。
行政の支援は「金を出すが口を出さない」が肝要です。それが出来なければ、そこに税金を投じても無駄だと思います。

コメント日時

窓口へのタブレット端末設置

雪見酒さん

紙ベースの手続きからあまり進んでいないと思います。
本来は申請書類はネットに公開しそれに入力した電子資料を提出して処理し処理完了すればデータベースにファイルするまでを一連のプロセスとして作りあげるべきだと思います。

コメント日時

コラボカフェに関してお願い

aアシタカさん

コロナ禍の状況にもよりますが、アニメに限らずYouTuberやVTuber、その他デジタルコンテンツとのコラボカフェ的なイベントの開催に県が協力してくれるのはとてもいい事だと思います。
志摩スペイン村や鈴鹿サーキット、おかげ横丁等、三重には適度な距離を保ちつつ人を集められる場所は沢山あるので、そういった場所に誘致出来れば観光効果も高いのでは無いでしょうか?

コメント日時

三重県共通の地域通貨の導入

kukkoさん

地域通貨には1年の使用期限をつけることが重要だと思います。使用期限をつけることで、お金の循環が加速され、地域経済をより活性化できます。

例えば、信用組合・市・商工会議所の連携により導入された千葉県木更津市の「アクアコイン」の場合、地域の650店舗で使えるほか、公共施設の使用料や水道料金、電気料金等も支払えたり、連携する3社職員の給料の一部がアクアコインで支給されています(本人の申し出による)。
観光案内所でもチャージできるため、観光客も使用できます。

また市民のボランティア活動に対して、市が行政ポイントを付与したり、その付与されたポイントを市民がボランティア団体に寄付できたりと、地域コミュニティの活性化にも寄与しています。

さらに1日8000歩で1ポイントが付与されるなど健康促進を図るプログラムもあるそうです。

https://www.kisarazu-aquacoin.com/

他には岐阜県高山市の「さるぼぼコイン」もあります。
https://www.hidashin.co.jp/coin/

地域通貨により“地域愛”が育まれるとのこと。ぜひ三重にも導入して欲しいです。

コメント日時

ロードサポート制度を作ろう

三重県アイデアボックス事務局さん

Beginnerさん

三重県アイデアボックス事務局です。
アイデアの投稿、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています。
引き続き、アイデアの投稿をお待ちしています。

コメント日時

離島の医療問題を解決したい

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

あおり運転をなくすために

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

もっと魅力的な公共交通機関へ

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

Wi-Fi利用の推進

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

ICT技術を用いた日常生活の改善

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

公共交通機関の利用促進について

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

ICTと教育革新について

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

ICT技術を用いた教育コンテンツ

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

三重県の観光・生活アプリ

三重県アイデアボックス事務局さん

matsuokaさん

三重県アイデアボックス事務局です。
たくさんのアイデア投稿にご協力いただき、ありがとうございました!

8月31日まで募集しています!
引き続き、よろしくお願いいたします。

コメント日時

いじめ撲滅小さな種まき活動

MASAYOSIYAMAKOSHIさん

フェイスブックのアドレス入力間違いしてました。
下記が正しいです。m(_ _)m

WWW.facebook.com/masayosi.yamakoshi/

コメント日時

code for xxxの設立支援

MatsuiHisayukiさん

シビックテック、エンジニア以外だと難しいんですかね。

それはともかく、
三重県も地域ごとに分かれてますので、
地域ごとに
>ITやデジタルも使って課題解決をしたい方
という感じで、事務局が設立を支援してくれたら、複数立ち上がるのではないではと思います。
いかがでしょうか?

コメント日時

三重県共通の地域通貨の導入

MatsuiHisayukiさん

地域通貨、導入されたら、大変素晴らしいと思いますが、「観光」以外の独自性があるとなお良いかと思います。

地域通貨の成功事例?は、日本各地で様々あると思いますが、
それらを鑑みるに

・地域内で循環する仕組み
・観光客にメリットがある(2倍ポイント付与でリピート狙いとか)
・既存の決済サービスに組み込める

これ以外の独自性として
・容易な社会貢献でポイントGET
提案者様の「地域活動」への参加でポイント付与
これもありですが、ウェブ上で完結する仕組みだと、なお参加を促しやすいかと思います。
例えば、県内を対象とした、クラウドファンディングへの寄付です。

コメント日時

教育現場の保護者へのプリントをデジタル化!

三重県アイデアボックス事務局さん

ぴさん

三重県アイデアボックス事務局です。
アイデア投稿、ありがとうございます!

我が家でも、「あのプリント、どこいった?」ってあります!
デジタル化すれば、紙資源の削減にもつながりますね。

まだまだアイデアの投稿、募集しています!

コメント日時
ページの先頭へ